「天使のダミ声」と言われる声の持ち主。
憂歌団のリードヴォーカル。

木村充輝は、20年以上に渡って、ブルースバンド「憂歌団」のリードヴォーカルとして絶大な人気を誇ってきました。7,8,90年代、そして21世紀に入っても大阪を代表するアーティストとしてメジャー・シーンを歩んできており、その「天使のダミ声」と言われる声の魅力、独特の歌いまわし、ブルース・フィーリングは他の追随を許しません。

本人によると、小学校の頃からほとんど声変わりをしていないとのこと。もしかすると、これこそが神が与えた『天使の声』かもしれない。

メディアで伝えられている木村充輝の表面的な顔としては、「大阪・生野の住人」(大阪の顔)「ブルース一筋」「おもろい奴」などがあるが、これは憂歌団のフロントマンとしてのイメージ。その他、「最高のヴォーカリスト」(約40年間のキャリアを持つ木村充輝を、日本最高のヴォーカリストと評価する音楽関係者、ミュージシャンは多く、歌詞の意味・理論を越えて、聴衆を音楽空間に導く才能を持つ)などがあるが、その木村充輝の才能の全面開花を期待する声はますます高まってきている。

そのフィジカルな天分、すなわち「声」から”最高のロック・ヴォーカリストへ””ニュー・ポップ・ヴォーカリストとして”はたまた”アジアのブルースへ”などの進路もあり、「全く新しいタイプのシンガー」としての今後の方向性も見えている。

例えば、東洋の愛を表現する日本のボブ・マーレーであり、ロック・ポップス・ブルースにとどまらず演歌・流行曲・ジャズ・民謡音楽に至るまであらゆるカテゴリーを包括したボーダレスなシンガーという存在である。また、もはや名人芸の域に達している唯一無二のライブパフォーマンスは数多くの若手アーティストからのリスペクトを集め、音楽ファンを魅了し続けている。